カンジダアルビカンス

  • Candida Albicans

    カンジダアルビカンス

    はじめに外陰膣カンジダ症(WC)は、膣症状の最も一般的な原因の1つであると考えられています。約75%の女性が生涯に少なくとも1回はカンジダと診断されます。それらの40-50%は再発性感染症に苦しみ、5%は慢性カンジダ症を発症すると推定されています。カンジダ症は、他の膣感染症よりも一般的に誤診されます。WCの症状には、急性のかゆみ、膣の痛み、刺激、膣の外唇の発疹などがあります。